クラブ紹介

ロータリーは、
人道的奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的基準を守ることを奨励し、かつ
世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した実業人および専門職業人が
世界的に結び合った団体です.

ロータリークラブは、世界で最初の奉仕クラブとして1905年アメリカで誕生しました.

そして、札幌手稲ロータリークラブは、札幌で6番目のロータリークラブとして1970年に誕生いたしました.

「親睦」「奉仕」を2つの柱とし、様々な活動を行っております.

毎週土曜日は例会の日

  毎週土曜日は、「例会」と呼ばれる会合があります。会員が集まり昼食を楽しみながら親睦を深めます.

全員参加の委員会活動

  札幌手稲ロータリークラブには奉仕のための各種委員会があり、全員が参加して活動を行います。

各種行事

  観楓会

  クリスマス家族会

  他クラブとの交流会

  etc...

クラブの歴史

  1970年6月29日、25名の会員で設立総会(秋山ガバナー、小熊特別代表) が開催されました.スポンサー・クラブは札幌西RC、初代会長は箕輪早三郎氏、 幹事は白石欽一氏でした.  

 当時の例会場は神宮閣でしたが、翌年には三越札幌店10階特別室に移り、1988年に現在の4階ライラックに移りました.

 白石欽一会員がガバナーに就任した1990年には札幌あけぼのRC のスポンサー・クラブとなりました.

 2010年、札幌手稲ロータリークラブは創立40周年を迎えました。